自分で飲んで美味いと思った日本酒と本格焼酎、そして愛用してる児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

目の前のお客様を喜ばせることを改めて考えた短パン社長のトークライブ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

 

言い訳すんな。バカ。

 

目の前のお客様に喜んでもらいたいということだけを考え継続して続けてきた短パン社長こと奥ノ谷圭祐さんだからこそ言える言葉だし、奥ノ谷さんがいうからこそ重みのある言葉だと思います。

 

 

昨日渋谷での熱い1日を終え興奮冷めやらぬ酒のしのぶや三代目店主の佐藤浩一ですけど、1日経って自分なりに感じたことを書いてみたいと思います。

 

 

 

楽しかった

昨日は渋谷にあるMt.RAINIER HALL Shibuya Pleasure Pleasureで行われた短パン社長トークライブに参加させていただいたんですけど、率直な感想としてはメチャクチャ楽しかったっす!

学ぶことも多かったけどそれよりも楽しかったぁ。

14時から18時までの4時間という長丁場でしたけど時間を感じないほど楽しかったっす。

サイコーでした!!!

 

 

 

奥ノ谷圭祐という人

今更ご紹介しなくても良いと思うんですけど、僕が短パン社長こと奥ノ谷さんを初めて知ったのは2年前のエクスマ創始者である藤村正宏先生の講演を聞いた時に、SNSで売り上げを上げているアパレル会社の社長がいることを知り、それからFacebook・Twitterをフォローしブログを毎日チェックするようになってからです。

実際にお会いした時のブログもご覧ください。

初めてお会いしましたが…

 

 

本当に愛の人でした。

 

 

 

言い訳すんな。バカ。

SNSを続けていく上でよく聞くのが『毎日何を投稿して良いのかわからないよ!』ってことです。

僕も何を書いて良いのかわからなくなる時なんていつもあります。

 

でもそんな時にいつも思い出すのが『俺は毎日発信してるよ!ブログは7年以上毎日書いてるし!』っていう奥ノ谷さんの言葉です。

 

奥ノ谷さんを追い越すことはできません。

だって奥ノ谷さんはこれからも継続していくでしょうから。

 

でも『それは奥ノ谷さんだからできるんだよ』って人もいるかもしれません。

その考え方だと絶対にやらない人ですよね。

 

奥ノ谷さんを追い越すことはできなくても少しでも近づくことはできるんじゃないかと思うんです。

 

だから言い訳しないで目の前のお客様に喜んでもらえるように継続していくことが大切なんだって改めて感じた短パン社長トークライブでした。

 

それにしても楽しすぎて面白すぎたトークライブ・トークショーでした!!!

 

 

Photo by 専属キャメラマン陽田さん

最後に今回のトークライブを作り上げてくださった関係各位の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2017 All Rights Reserved.