自分で飲んで美味いと思った日本酒と本格焼酎、そして愛用してる児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

ウチは全然問題ないのでジャンジャン撮ってもらって大丈夫ですからね〜

2017/05/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

※これは実話です

 

つい先日のことですが初めていらした若い男性と女性のお客様がいまして、色々とお酒の話とかをしてたんです。

その途中で女性がスマホを取り出して何かを調べていました。

ウチのお客様では結構あることなので気にもしなかったんですけど、その後その女性のお客様から『写真いいですか?』って言われたんです!

キターーーーーーッ!!!

僕はめちゃくちゃ平静を装っていましたけど内心ドキドキして少し顔も赤らんでいたんじゃないかと思います。

でも2年連続で福島ローカルですけどテレビにも出てるしさぁ、僕もちょっとは人気者になったのかなぁなんて頭の中をグルグル駆け巡りました。

これは去年の福島中央テレビの夕方の人気番組『ゴジてれchu』で取材されたものですね〜

んでこれが先月放送された福島放送の新番組で逸見太郎さん司会の『ヨジデス』で取材されたものです。

 

そんなことを考えながらちょっとカッコつけて『もちろん!』って答えたんです。

そしたら『ありがとうございます』ってニコニコしながら店内のお酒の写真を撮りだしたんです…。

 

ですよね…

そりゃ僕じゃないですよね…

いやわかっちゃいましたけどね…

こういうのを自意識過剰っていうんですね(笑)

 

でもね、お店で写真撮っていいなんて思わないじゃないですか?

ウチは全然問題ないです!

むしろ撮ってもらった方が嬉しいです!

なんならお酒をバックにお客様をお撮りします!!

なので遠慮なく写真を撮ってくださいね〜

 

金曜日の今日は以上です!!!

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2017 All Rights Reserved.