自分で飲んで美味いと思った日本酒と本格焼酎、そして愛用してる児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

酒屋さんって入りにくいんだよなぁって若いお客様に言われたんです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

ある若いお客様に言われてビックリしたんですけど、よくよく考えたらそうなのかなぁって思ったんです。

酒屋さんて入りにくいんだよなぁ

 

それまでは

よくよく話を伺ってみると今までは酒屋さんに入りにくいから、お酒を買うときはコンビニとかスーパーで買ってたんだけど、最近日本酒にハマって色々な酒屋さんに行くようになったとのこと。

まぁ酒屋さんのイメージってそんな感じなんですかね。

でも考えてみたら酒屋の息子である僕も学生時代にお酒を買うときは、酒屋さんじゃなくてスーパーとかで買ってたなぁって思い出しました。

酒屋さんに対するイメージは『入ったら何か買わなきゃ出てこれなさそう』って感じでしたね。

  1. レジのところにでーんと親父さんが座ってて聞こえるか聞こえないかくらいの声で『いらっしゃい』と言われ、特に声をかけるわけでもなく商品を見ているお客様を観察してるイメージ。
  2. 自分で探してるものが無くても缶ビールの1本でもいいから買わないと出るに出れないイメージ。
  3. そもそも入るのにも勇気がいるイメージ。

そんな感じじゃないですかね?

 

昭和の酒屋さん

えーっと全部昭和の酒屋さんのイメージですよね?

今は全然そんなことないですよーーーッ!って声を大にして言いたいです。

そりゃ全国探したら中にはそういうお店もあるかもしれないですけど、少なくても僕の知り合いの酒屋さんでザ・昭和の酒屋ってお店はないです(笑)

そんなことしてたらお客様に見向きもされなくなりますからね!

 

今の酒屋さん

今の酒屋さんであれば質問すれば答えてくれますし一緒に好みのお酒を探してくれる酒屋さんが多いです。

だから酒屋さんに行ったら色々聞いてみるといいですよ。

酒屋さんに行ってみると今までとは違ったお酒ライフが待っているかもしれませんよ〜

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2017 All Rights Reserved.