自分の好きな日本酒と本格焼酎、児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

真面目に正直に商売してきて良かったなぁってお客様から教えられました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

今日、恐らく初めてご来店された若い男女のお客様がいたんですけど、何で知ったのかいわき市平でもわかりづらい場所にあるウチに来ていただいて、色々とお酒の話ができて楽しかった酒のしのぶや三代目店主の佐藤浩一です。

お店に入って日本酒のコーナーを見ながら色々とお2人で話されていたので、僕はしばらく声をかけずにいました。

お客様が手に取ったのは販売店が東北でも2店しかない埼玉の花陽浴(はなあび)という日本酒で、見つけた時には『おーーー!!!』って感動されていました。

その後お話をさせていただいたんですけど地元はいわき市だけど現在は東京にお住まいで、花陽浴は都内でも中々見つけられなく売ってるお店でもプレミア価格になっていたり、他に何本か買わないと売ってもらえないと言われるそうです。

ウチはもう10年くらい前から扱ってはいるんですけど入荷数は1ケースずつ程度で、お客様にはご迷惑をおかけしちゃうんですけど基本は店頭に来ていただいて、多くのお客様に飲んでいただきたいので1家族様1本とさせていただいています。

でも他の物を何か買ってもらわないと売らないとか正規販売店なのに定価よりも高く売るようなことはしていません。

そのあとも広島のお酒だったり地元福島のお酒だったりと色々話してたんですけど、そのお客様が帰る時に『いや〜今日は本当にいい買い物させてもらいました。本当にありがとうございました。また必ず来ますね。』と言ってくださったんです。

【お客様は神様です】じゃないですけど買ってもらったのはウチの方で、こちらこそ本当にありがとうございました!という気持ちなんですけど、お客様に言われると本当に嬉しいですね。

最近こういったお客様が多いんです。

確かに商品に魅力があるからってのはわかっていますけど、だけどお客様に『いい買い物ができました』なんて言ってもらえるなんて、商売人としては最高の賛辞だと僕は思ってます。

仕事を始めたばかりの時に親父に『商売を真面目に正直にやってれば、お客様にもちゃんと伝わるんだから』と言われたのを思い出しました。

ウチで扱っている商品がプレミア価格になっていようが入手困難な商品になっていようが、ウチは適正価格で販売するし抱き合わせ販売もしないし、まして隠して売るなんてのも僕は苦手なんです。

なんかお客様に『ありがとう』って言われて親父の言う通り真面目に正直に商売してきて良かったと思った夏の昼下がりでした!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2017 All Rights Reserved.