自分の好きな日本酒と本格焼酎、児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

友達って何でもかんでも言うこと聞かなきゃいけないの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

入荷数が少ないお酒を多くのお客様に飲んで欲しいから1家族1本にさせてもらってるのに『友達なんだから多めに売ってくれよ!』とか『いろんな人に紹介してやってんだから、こっちの言うことも聞いてくれよ!』とか『いつも買ってやってんだから良いじゃん!』とか言ってくるリアルな友達がいたとしたらあなただったらどうしますか?

そもそも『友達だから特別扱いしろよ!』ってことなの?

いつも思うんですけど友達ってありがたいし気にかけてくれてるし、いろんな人にウチを紹介してくれてるのは知ってるんですけど、だからと言って入荷数が少ないお酒をその友達に多く販売するってことは申し訳ないけど僕は一切考えてません。

向こうもこちらの状況はわかってるはずだし入荷数が少ないのだって当然わかってるんですけど、そう言うことを平気で言ってくる友達って本当に友達なのかなって思っちゃうんですよね。

いや僕だって応えられることはなるべく叶えたいとは思いますけど、できることとできないことがあるじゃないですか。

おそらく僕は今後もこのスタンスは変えないんだろうと思います。

偉そうだ!って思われるかもしれないですけど、これは友達に限らずお客様も一緒だと僕は考えてまして、1本買ってくれるお客様も毎回来るたびに何万円も買ってくれるお客様も僕にとっては同じお客様なんです。

だからそのお客様全員に同じように喜んでいただけるように、僕は有名とか無名とか関係なく本当に美味しいお酒を探して、そのお酒を飲むことで晩酌が楽しくなったり1日の疲れが取れたり、人生の節目に花を添えられるような、そんなお付き合いをお客様としていければと思っています。

なんか偉そうにすみません!!!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2017 All Rights Reserved.