自分の好きな日本酒と本格焼酎、児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

〇〇だからできるんだよ〜って思ってませんか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

SNSありきの生活に

SNSをやっているとよく言われるのが「よく毎日投稿してるよね〜」とか「なんで毎日書くことあるの?」とか。

酒屋さんの勉強会でエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ⇦クリックするとエクスマの公式サイトに飛びます)主宰の藤村正宏先生の講演を聞いたのが2015年5月24日(日)で、Facebookの投稿を毎日すると決めブログ(当時はアメブロ)のアカウントも取り、翌日の25日から毎日発信し続けてなんだかんだでもう2年3ヶ月が経ち、その間にはエクスマ塾生にもなりSNSを介して多くの繋がりも増え、SNSを通して全国の繋がった友達から注文が入るようになり、自分もSNSを通して繋がった友達の投稿を見て買い物をしたりその場所に行ってみたりと、たった2年で【SNS】によってこんなにも自分の生活が変わるもんか?ってくらいに激変しました。

SNSありきの生活になったので常に片手にはスマホを持ち自分で発信したり友達の投稿を見たり、今まで子供達に食事中はスマホを置いて食べなさいなんて言ってた僕が一番触っちゃってるかもしれないです(笑)

 

なんで続くの?

「そんなにそんなに毎日書くことないよね?」って言われたことがあったんですけど、僕も初めの頃はそう思ってました。

朝になると何書こうかなぁとかブログは何書いたらいいんだろうなんて生意気に悩んだりしたんですけど、そもそも始めたばっかだし最初の頃なんて繋がりも少ないしリアクションなんてほとんど無かった状態で、こんなの書いて誰が見てくれるの?ってずっと思いながらやってました(笑)

でも少しずつ繋がりが増えリアクションが増えコミュニケーションをとることが増えてくると、SNSで発信することが楽しくなってきて自分も友達の投稿を見てリアクションしたりコメントしたりと、本当に全国各地バラバラに住んでるのに毎日何をしているのかが手に取るようにわかってきて、楽しくなってくるとやっぱり続くんですよね。

 

コミュニケーションが最大の魅力

この人はどんなものが好きなんだとか好きな映画はとか、そういう発信をしている人に自分も興味を持ち繋がってコミュニケーションを取っていくようになるし、共通の趣味とか共通の話題があるだけで距離が縮む感じがするんで話しかけやすくなるんだと思うんです。

あの映画のココのポイントで面白いって思うんだったら自分とも合うかもとか、この人はこう見えて日本酒が大好きなんだったら一緒にお酒の話をしながら飲んでみたいなとか、そんなことを考えてると自然とコミュニケーションを取っちゃうんですよね。

日本各地の友達と会ったことがなくても話したことがなくてもSNSでコミュニケーションが取れちゃうから面白いし、そもそもコミュニケーション無しではSNSの意味がないとさえ僕は思ってます。

だって自分で発信したり誰かの発信を見たりするアイテムとしてSNSがあるだけであって、基本的にはSNSはコミュニケーションツールなんですからどんどんコミュニケーションを取らなくちゃ勿体ないですよね。

有名人の発信を見てるだけでいいって人もいるでしょうけど、もしかしたらTwitterでコメントのやりとりができるかもしれないし、Instagramで有名人とコメントのやりとりができるかもしれないじゃないですか。

それだってSNSを使ったコミュニケーションですよね。

僕の知り合いで有名人の事が好きでInstagramにその人が表紙になってる雑誌を投稿したら、その本人から「いいね!」されたって言って喜んでた人がいましたけど、それだってコミュニケーションじゃないかって僕は思います。

 

継続が一番大事

一番難しくて一番無理だって言われるんですけどやっぱり【継続は力なり】で、継続して発信している人は面白い投稿とかタメになる投稿とかしてるんですよね。

それはやっぱり毎日の発信で練習してるからで、毎日発信することは毎日練習していることなんだって思うんですよね。

僕もブログを毎日書くって決めて始めましたけど最初の文章なんて悲惨なもんですよ。

それでも毎日書いてると段々と長文が書けるようになってくるんです。

しかも短時間で書けるようにもなります。

最初の頃は1000文字書くのにも1時間以上かかってましたけど、このブログもココまでで1800文字で20分くらいですかね。

こればっかりは書かないと難しいかと思います。

でも書けば誰でも書けるようになりますよ。

「しのぶやさんだから続けられるんだよ」なんて事もたまに言われますけど、僕は特別なことは一切してなくて誰でもできることをやってるだけで、ただ毎日継続し続けてるってだけです。

誰でもできます。

最初から書ける人なんて極僅かしかいないと思います。

だからとりあえず【毎日SNSで発信する】って自分で決めて、Facebook・Twitter・Instagram・ブログと全部じゃなくていいので、何かしらで毎日発信し続けてみてはどうですか?

そしたら違った世界が見えてくるかもしれませんよ。

2年3ヶ月続けてきた僕がそうでしたから。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2017 All Rights Reserved.