自分の好きな日本酒と本格焼酎、児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

ブームによって飲む人が増えるのも減るのも早いけど、知ってもらえるきっかけにはなるんじゃないのかなって思います

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

 

やっと新店舗の外の足場がはずれ外観がわかるようになってきました。

先日お客様とお酒のブームについてお話しさせていただいたんですけど、僕も親父とよくブームについて話をすることがあります。

ブームになって一気に飲む人が増えるけどブームが去ると一気に飲む人が減る。

でもブームが去った後でも飲み続けてる人だっているんですよね。

 

酒業界のブームいろいろ

僕が仕事を始めてから酒業界でも色々なブームがありました。

僕が記憶しているだけでも赤ワインに含まれるポリフェノールが、血液中に血栓をできにくくすると言われた赤ワインブームに始まり、今度は血液中にできてしまった血栓を溶かしてくれる成分を含んだ本格焼酎ブームがあり、今は日本酒ブームなのか一昔前までは『日本酒=親父の酒』というイメージだったのが、若い人や女性にも飲まれるようになり老若男女に飲まれる國酒になりましたよね。

よくブームは一過性で終わってしまうと聞きますが本当にそうなんでしょうか?

僕は酒屋なので酒屋視点でしか判断できませんが、酒業界ではブームが去って飲む人が全くいなくなったのか?と聞かれたらそんなことはないんじゃないの?って思うんですよね。

 

そもそもブームって

お酒業界のブームって自然発生するの?ってことですけど、僕が以前教えていただいた超有名な専門店の店主さんが『ブームなんて自然発生なんてしないんだよ。ブームは我々酒屋が仕掛けていかなきゃブームにはならないんだ。ブームに乗っかってたんじゃ遅い。だったら自分達でブームになるように仕掛けていったほうが楽しくない?』っておっしゃってて、この人カッコいいなぁって思ったことがあります。

確かにブームになってから乗っかっても遅いんですよね。

本格焼酎がブームになってきてるから銘柄集めよう!って思っても取引できなかったり、本格焼酎が売れなくなってきて日本酒がブームになってきたから、本格焼酎をやめて日本酒に変えようなんて思ったところで、そんな簡単にコロコロお店の品揃えを変えてたらダメなんじゃないかなって僕は思います。

その商品が好きで扱ってるんでしょ?って。

ブームは自分達で作り上げる方がカッコいいっすよね。

 

拡がり方がハンパない

赤ワインブームの頃は僕は仕事を始めたばかりだったので全くわからなかったから、大手メーカーさんに言われるがままの品揃えをしてはいましたけど、自分で味の違いなんてわからなかったから棚に並べてメーカーさんが作ってくれたPOPを貼って、あとはお客様に説明することもなく買ってもらえるっていう、投げっぱなしジャーマン的な売り方でした(笑)

全く詳しい知識なんかなくてもメーカーさんの作ったPOPに書いてある説明を読むだけでも、お客様は『ポリフェノールが体にいいってテレビでやってたよね』って言いながら買ってたし、僕なんか詳しくもないのに申し訳ないなぁって思いながら買ってもらってました。

その後の本格焼酎ブームの時なんて一時期『芋焼酎ならなんでもいい』って言われるくらい、問屋さんからも品物が入りにくくなるし本当に芋焼酎ならなんでも良かったなんて時もありました。

それまでは【芋焼酎なんて臭くて飲めないよ!】って文句言ってたお客様がいたんですけど、こぞって芋焼酎を飲め!みたいな感じになった時は『この芳醇な香りがいいんだよね〜』なんて言ってましたね(笑)

 

飲む人が一気に増える

ブームになると老若男女を問わず今まで飲んだことがなかった人でも飲むようになり、飲んでくれる人が一気に増えるのは間違いないです。

で、ブームが去って違うお酒がブームになると今まで飲んでいた人が全員そちらに移るのか?って聞かれたら、決してそんなことはなくブームが去った後でも飲み続けてるお客様も必ずいらっしゃると僕は思います。

消費量的には一気に減りますけど根強いファンは必ず残るし、今まで飲んだことがなかった人でもブームで飲んだら【美味かった】となって、その後も飲み続けてるんじゃないでしょうか。

実際にウチは日本酒と本格焼酎をメインに扱ってますけど、本格焼酎は売れなくなったと言われてる今でも本格焼酎のお客様はいらっしゃいます。

じゃあブームって何?って聞かれたら『飲んでくれる人が増えるのも減るのも早いけど、ブームになることで知ってもらえるきっかけにはなるんじゃないのかな』って僕は思います。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2018 All Rights Reserved.