自分で飲んで美味いと思った日本酒と本格焼酎、そして愛用してる児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

酒屋の僕が言っちゃいけないのかもしれないけど、お酒が主役ではないと思ってます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

 

悪巧みを計画し現在進行形の酒のしのぶや三代目の佐藤浩一です(笑)

まぁ悪巧みと言っても法を犯すとかじゃないですよ!

 

酒屋の僕が言っちゃいけないのかもしれないけど、お酒が主役じゃないと思ってます

実は福島県本宮市にある大天狗酒造さんの娘さんで後継者で酒造りをしている、小針さんにお願いしてオリジナルの純米酒を造ってもらっているんです。

まだ詳細はお話できないんですけど出来上がりをお楽しみにお待ちください。

で、小針さんと『どんなお酒にしたいのか?』って打ち合わせを事前にしていたんですけど、今日は定休日だったので蔵元さんに伺って直接お話をしてきました。

僕の中での日本酒のイメージとして

高校を卒業して都会で戦ってる幼馴染が田舎に帰ってきた時に、テーブルにドカンと一升瓶を置いて湯呑み茶碗で、昔話や近況報告をしながらお互いに酒を酌み交わす。

そこには飾り付けた肴もいらないし、カッコつけたりしなくてもいい。

もっと言えば酒を酌み交わすだけでお互い何も言わなくても通じ合う。

ゆえにお酒が主役ではなく友との時間や会話が主役になってくる。

そんな感じのイメージというか考えを持っているんです。

ちょっとわかりにくいですよね(笑)

そんなことを小針さんに話したら、小針さんも大勢が車座になってお酒を酌み交わす場面を想像したらしく、結局のところ【お酒】は主役ではなく【人】がいて初めてお酒が活かされるんだと。

そこに僕も激しく共感しました。

確かにお酒だけあってもダメなんですよね。

そこには【人】であったり【料理】であったり【雰囲気・空間】があって初めてお酒が活かされ、いくら入手困難なお酒だとしてもポツンとお酒だけあっても活かされないんだよなって。

先日書いたブログじゃないですけど何を飲むかよりも誰と飲むかってのが重要なんだと思うんです。

酒屋の僕が考える『お酒は何を飲むかよりも、誰と飲むかが大切』というお話です

人がいてお酒があって雰囲気や空間があって料理があって、全てが繋がって初めて活かされるんじゃないかなって。

そんな時の1本に選ばれるようなお酒になってくれたらいいなと、小針さんと色々話してて思いが強くなりました。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2018 All Rights Reserved.