自分の好きな日本酒と本格焼酎、児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

『人に教えることができて初めて理解したことになる』って教えられました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

 

人に教えることができて初めて理解したことになる

 

僕は柔道を小6から続けてきて今でも子供達と一緒にやっているんですけど、子供達に教えるにしても自分でやったことがない技を教えるのって凄く難しいんですよね。

自分でやったことがある技だったら『こうやるんだよ』とか『こういう時はこう入るんだよ』って教えるのも簡単なんですけど、自分でやったことがない技は頭ではわかってるし入り方もわかってるんですけど、教えようとすると自分でやってないから伝えるのが難しいというか、どうやって教えていいのかわからないんですよね。

誰かに教え方を教えてもらったとしても自分でやってみて、自分でもできるようになって初めて人に教えることができるんじゃないかって思うんですよね。

じゃなきゃ単なる鵜呑みにした言葉だから自信もないし、教えてるけど自分でできるのかよ!って話ですからね。

勉強だってそうだし仕事だって同じことなんじゃないかと思います。

僕は酒屋ですけど自分で飲んだことがないお酒なんて星の数ほどあります。

だから『〇〇に似てる味わいを探してるんだけど』って、僕が飲んだことがないお酒を言われてしまうと完全降伏状態で、どんな味わいだったかを素直にお客様に聞いてそれに合うようなお酒を選ぶしかないんですよ。

だって飲んだことがないからわかんないですもん。

自分で経験してないですからね。

ちゃんと自分で経験して人に教えられるようになって初めて理解したことになるんだって昔教えられて、その時には意味がわからなかったけど今になってやっとわかるようになってきました。

なので何事においても教えられたことは、まず自分でやってみて経験してみて、誰かに聞かれた時にちゃんと教えられるようになるまで勉強なんだなって思います。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2018 All Rights Reserved.