自分の好きな日本酒と本格焼酎、児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

お酒に興味がないお客様にも来てもらえるようなお店にしたいですね〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

 

昨日ジーンズを見に来られたお客様が帰り際に『お酒に興味なくてすみません…』って申し訳なさそうに言ってたので、『全然大丈夫ですよ〜またジーンズ見に来てくださいね〜』ってお伝えしました。

実際にウチのお客様でお酒は飲めないけどジーンズが好きって方もいて、ジーンズを見に来て色々と話をされて『また来るね〜』って方とか、自分では飲まないけど飲む友達連れて来るから〜って方もいらっしゃいます。

昔若いお客様と話してた時に『町の酒屋さんって何か買わないと出られないイメージがあって入りづらいんですよ』って言われたことがあって、よくよく話を聞くと「カウンターに頑固オヤジが座って新聞を読んでて、小さな声で『いらっしゃい』ってだけ言って、あとは商品を見てる自分達を監視してるような感じがある」って言ってて、だからお酒を買うのはスーパーとかコンビニが多いって言ってました。

確かにそういう酒屋さんもあるのかもしれませんが、全ての酒屋さんがそうってことではないんですけど、少なくてもそういうイメージを持たれているお客様もいるって事実だということです。

それって凄く勿体ないことだと思うんですよ。

だってお酒に興味を持ったけど酒屋さんには入りづらいとか、お酒を色々飲んで覚えたいけどお酒の説明してくれる酒屋さんには入りづらいって、それこそ美味いお酒を色々と揃えてても入って来られなかったら勿体ないじゃないですか。

【ウチの店はそんな事無い!】って思ってたとしても、そう思ってるのは当事者だけでお客様からはそう見られてないかもしれませんよね。

もちろんウチだってそうかもしれません。

浪江の時はまだ良かったけどいわきに移転してから最初のお店?は古民家の玄関でしたからね。

古民家の玄関が店舗でした

 

新店舗になってお客様に入りやすく感じてもらえるかなって思ってたら、逆に家感ハンパなくて「ここ家なの?お店なの?」ってお客様が恐る恐る入口から入ってこられるようになっちゃいました…。

ちゃんとした酒屋ですよ〜

 

昔よく聞いた話で「酒屋は免許に守られてるからいいよな〜」って異業種の方に言われたことがありまして、以前までは酒屋さんと酒屋さんの入り口の距離が離れてないとダメっていうルールがありましたが、今となっては酒屋さんが隣同士でも大丈夫という風に規制緩和がされ、免許に守られた酒屋=殿様商売って時代はとうの昔に終わってると僕は思ってます。

だからこそ酒以外の物を売っても良いんじゃないかって思うんですよね。

やったことがないから何の知識も無いけど、僕は自分で好きな物だったらなんでも売れると本気で思ってて、何度も書いてますけどそこには『これはダメ』とかないんだよなって事ですよね。

もしかしたらそこから新たなお客様が来店されるかもしれないし、そのお客様がお客様に宣伝してくれるかもしれないし、酒屋さんってお酒飲まないとか興味がない方にとっては無くてもいい存在だから、お酒に興味がないお客様が来れるようなお店を目指していきたいって思ってます。

ウチの場合はこれから何を売っていくかは決まってないですけど【お酒は飲まないんだけど〇〇見に来ました〜】ってお客様が増えるようなお店の方が僕が一番楽しいんじゃないかって。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2018 All Rights Reserved.