自分の好きな日本酒と本格焼酎、児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

お客様が新しいお酒と出会うように僕たち酒屋も新しいお酒とは出会いなんですよ〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

 

いつもと違う酒屋さんに入った時に見たことがないお酒を発見して、飲んでみたらめちゃくちゃ美味いってことって酒飲みの一種の楽しみみたいな感じがありますよね。

ウチに来られるお客様も『ここは見たこと無いのが多いね〜』って言いながら、新たな出会いを求めて色々と探していかれます。

同じように初めて入るラーメン屋さんとかってドキドキ・ワクワクして、見事自分の好みの味だった時の感動というか嬉しさはハンパないですよね。

お客様とか同業者の方に『どうやってこんなに探してくるの?』ってよく聞かれるんですけど、僕たち酒屋もお客様と同じように新しいお酒との出会いなんですよね。

知り合いの酒屋さんからの紹介や蔵元さんからの紹介で始めた蔵元さんも。

それからもちろん自分で見つけたお酒もあります。

これはあくまでも僕の場合のお話ですけど色々とネットとかでお酒を見ることがあって、その時に僕のレーダーに反応があるかないかの直感で決めてます。

だから誰かに教えるとかできないんですけどね(笑)

当然ながら見つけたからといってすぐに取引するわけじゃないですよ。

まず蔵元さんに電話

お酒を飲んでみたいので購入

飲んで自分の好みのお酒であれば再度蔵元さんに電話

その後取引開始できるかどうか

もちろん蔵元さんに行ったり蔵元さんがお店に来たりしてから取引が始まる場合もあります。

同業者の方に『このお酒ってどこから仕入れてるの?』って聞かれることも多くて、なんでそんなに簡単に教えちゃうの?って言われるんですけど、蔵元さんから直接仕入れてるとかグループに入らないと取れないとか僕は全てお教えします。

だって今まで僕も多くの酒屋の先輩方にそうしてもらってきたし、お教えしたとしても取引できるかどうかはわからないし、そもそもその酒屋さんの好みに合うかどうかもわかりませんからね。

もちろん隠すことでもないし蔵元さんにしてみれば売れた方がいいじゃないですか。

お客様が新しいお酒と出会うと嬉しくなるように、僕も新しいお酒に出会うと嬉しくなるし、まだまだ知らないお酒がいっぱいありますからね。

でも仕入れたからにはちゃんと売っていきたいし、お酒の良さをお客様にシッカリと伝えていきたいので、僕の頭脳の容量ではあまり増やしすぎるのも難しいんですよ。

少数精鋭でも美味いお酒をシッカリと伝えていける酒屋になりたいですね〜

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2018 All Rights Reserved.