自分の好きな日本酒と本格焼酎、児島ジーンズも売ってる変な酒屋です

こちらがSNSでチェックするように、相手側も僕のSNSを見てチェックしてるんですよね

 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

 

 

 

僕もSNSで色々探したり調べたりしますけど、発信してるからこそ僕も探してもらえるんだろうし発信してるからこそ調べてもらえるんだと思うんですよね。

 

SNSは履歴書やお店(会社)案内になってるんじゃないか?

新しいお酒を見つけた時に僕は『飲んでみたいのでお酒を送ってもらえませんか?』と蔵元さんに連絡をするんですけど、先日もお酒を見つけてしまい蔵元さんにお願いの電話を入れました。

早速お酒が届き試飲して僕の好みのお酒だったので先日お礼とお取り引きをさせていただけるかの確認の電話をしました。

愛知県の『白老』が来週入荷

で、蔵元さんと話していた時にお店の名前と福島県にある酒屋ってことしか伝えていなかったので、ウチの事をお話ししようとしたら『SNSで拝見させていただきました』って言われてビックリしました。

おそらくネットで検索してお店のFBページとかブログを見つけてくださったのかと思うんですけどね。

今までであれば蔵元さんからお店(会社)情報を記入する用紙を郵送なりFAXで送ってもらい、そこの色々と書き込んで初めて知ってもらうっていう感じだったんですけど、今はちゃんと発信していると相手側も調べてくださってるってことですよね。

 

自分でもそうですけど

僕もお酒のこととか蔵元さんのことをSNSで調べたりするし誰かの投稿で知ったりするんですけど、そこで発信していないと何もわからないし、せめてHPでもあればなんとか調べることはできますけど、リアルタイムな情報じゃないので最終更新は何年前なんだろうって場合もありますからね。

素性も知らない相手から取引させてくれって連絡がきたら蔵元さんだってビックリするだろうから、SNSでチャックしたり検索サイトで調べたりすると思うんですけど、その時に何も発信してなければ見つけてもらうことすらできないと思うんです。

発信してたからこそ見つけてもらえたし見てもらえたから話の進むスピードが全然違ったんです。

僕も自分の思いとか考えとかを色々なSNSで発信していて、それを蔵元さんに見てもらえれば一番わかりやすいと思ったし、もうSNSってコミュニケーションツールであると同時に、自分の履歴書だったりお店(会社)案内になってるんだなって実感しました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤 浩一
1972年 福島県双葉郡浪江町生まれ 元々は父親が酒ディスカウントとしてやっていたお店を専門店に方向転換し、福島県いわき市平で自分の好きな日本酒と本格焼酎を販売する酒屋『酒のしのぶや』三代目店主です。酒屋ですが正規販売店として児島ジーンズも販売しています。小学校6年生から続けて柔道は参段。最近はソニーα6000で写真を撮るのが好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 酒のしのぶや三代目店主の戯言です , 2018 All Rights Reserved.